2018年 お盆休み キュリオス大阪公演に感動

お盆休みを利用して大阪の中之島ビックトップでキュリオス大阪公演を観覧してきました!!!

4カ月ほど前からチケットを予約して取れたチケットは………なんとD席の最前列!!!!!「D席とはアリーナ型のセンター席」

今回はシルク.ドゥ.ソレイユ キュリオス大阪公演を少し書いてみたいと思います!!!

公演日は、とても暑くて開場前の敷地内ではお客さんも日陰を探して開場を待っていました。仮設テントの上からも散水して場内の空調をなどにも考慮していました。建築業を営んでいると細かな事が気になります。。。快適に演目を見れるように些細な事も考えているんですね!!どの職種においても「お客様の事を考えて」これが一番大事ですね!!

中に入ると売店などもありポップコーンの良い香りが….W 小さな子供からお年寄りまで幅広いお客さんで埋め尽くされていましたが、開演前の混雑している雰囲気もお客さんのワクワクしている様子を見ていると不思議な事に私もワクワクとしてしまいましたW

キュリオスに登場するザ.キュリオスと言うキャラクターがダイハツの車を紹介していました!!

ここで少しお話するとキュリオス大阪公演の場所は中之島ビックトップなのですが、「ビックトップ」とはシルクドゥソレイユの「テント」の名称なのです!!この「ビックトップ」は収容人数が約3000人で総重量は200トンで….風速30メートルにも耐えれて震度6の地震にも耐えれる耐震性があるんです!!中はアリーナ型のステージで来場者と一体感のある会場なのですが、もう仮設なんてレベルの会場じゃなかったです!!世界最高峰の演目を公演する為のステージは仮設テントでも名前をつけてしまうくらい凄い構造計算がされてるんですね!!ちなみに解体は3日で完了して次の公演地へ移動するとの事です!

写真は客席から天井部を写した様子です!!あそこが照明器具が据付けられていたり演者さんが上ったり下りたりするフライロフトになっています!ステージ自体の高さは1m程でしたので奈落では演者さんもしゃがんで移動しているかもですね!

公演は休憩を挟んで1時間50分でしたが、妖艶な雰囲気の中「生バンドの演奏」や「踊り」そして「圧倒されてしまうパフォーマンス」に目を奪われていると30分くらいに思うほど時間の過ぎるのが早かったです!ほんとに素晴らしいパフォーマンスでしたし「お客を必ず楽しませる」という熱意を感じるステージでした!!

左の写真の黒の衣装の女性は日本人の池田一葉さんというダンサーでクララ役を演じていましたが凄く魅力的で妖艶な踊りは、私も含めて会場のお客さんもうっとりしながら見ていました!!日本のダンサーが世界最高峰のサーカス!シルクドゥソレイユに出演しているって本当に凄いと思いますし、これからも多くの人に感動を届けて頂きたいです!!!

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP